目薬を使用することによって、眼精疲労は改善できます。 ただし、自分に合ったものを使用しないと意味がありませんから、症状に合わせて目薬を選ぶようにしましょう。 例えば、目のピントが合わないために眼精疲労を発症させている場合は、ネオスチグミンメチル硫酸塩、ビタミンB12、活性型ビタミンB2といった成分が含まれているものを選んでください。 これらの成分には、目のピントを改善する働きや目の疲れを解消する働きがあります。 また、デスクワークによって目を酷使しているのであれば、コンドロイチン硫酸ナトリウムやビタミンB12、活性型ビタミンB2などが配合された目薬を使ってください。 コンドロイチン硫酸ナトリウムは目を保護する働きがあるので、目の使い過ぎによる疲労を緩和させるのに有効です。 それに、保湿効果もあるため、ドライアイが原因で眼精疲労を起こしている時にもいいでしょう。 ドライアイによる眼精疲労には、涙に近い成分である塩化カリウムや塩化ナトリウムが含まれた目薬もオススメです。 さらに、ドライアイは目がデリケートな状態になっているので、刺激が少ないものを選ぶ必要があります。 そのため、防腐剤が配合されていないというのも選ぶ際のポイントです。